FC2ブログ
クンニの体験談を綴ります。
プロフィール

K

Author:K
30代 男性(独身)
住まい:首都圏
詳細プロフィールはこちら

カテゴリ
月別アーカイブ
メールの送信
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼女とはネットで知り合って定期的にメールのやり取りをしていましたが、
住んでいるところが離れているので会うにいたってはいませんでした。

彼女が私用で都内へ来ることになり、
日程を合わせてやっと会えることになりました。

以前彼女がメールで「夜景の綺麗な部屋で一晩中されてみたい」と言っていたのを思い出し、夜景の綺麗なホテルの高層階の部屋を予約しておきました。
(そのことは彼女にはナイショにしておきました。)

当日、都内の某駅で待ち合わせて初顔合わせ。
予約したホテルのレストランでランチをした後、
そのままホテルのエレベーターに乗り込み上階へ。

「えっえっ?ここなんですか?ここって高いですよね・・・」と驚く彼女。

「確か夜景の綺麗なホテルがって言ってましたよね?」と言うと
「うれしいです」と喜んでくれました。

部屋につくと、大きな窓から東京が一望できる景色が広がっていました。
風呂も広くて豪華。彼女は「すごーい!」を連発してました。

彼女にゆっくりとお風呂に浸かって旅の疲れを癒してもらいました。

僕もその後風呂に入ると、二人でベッドの上に座って話をしました。

話が途切れた時、彼女がこちらを見ながらこくんと頷いたので
指先を彼女の脚へスーッと這わせまていきました。

「はぁっ・・んっ・・・」

指を脚へ優しく這わせていると彼女の吐息が漏れはじめました。

そのまま指を太ももへ這わせていくと、彼女がスッと股を開きました。

しかし中心部は通り過ぎて、両腹わきへ指をスーッ這わせて胸へ。

両手の人差し指で触れるか触れないかのタッチで乳首を撫でたあと、
乳首を口に含みながら舌先で舐めたり転がしました。

「あっ、・・・うん・・」

彼女がのけぞりながら喘ぎます。

左手の人差し指でこねながら、右側の乳首を舌で優しくねっとりと舐める。

だんだん息が荒くなってきたので、両手を下へ持っていき、茂みをかき分けて
両手で広げると、小さな突起物がピンッと尖って充血していました。

そこに舌先を当てて下から上へとスッ、スッと愛撫すると、
彼女は「ああっ!」っと声をあげ、電流が走ったかのように体をビクッとさせました。

しばらくそうした後、舌の腹をクリに押し当てたまま、顔を回転させました。

尖ったクリがグルングルンと回転しながらいたぶられている感触が舌に伝わります。

「ああっ!それすごいのぉ・・・!!」
彼女は身体をギューッと硬直させて仰け反りました。

しばらくそうしてから、今度は舌先で優しくねっとりとクリを舐め続けました。

「あっ・・ああ・・ああっ・・いい・・・」

なめまかしい声が部屋に響きます。
表情は見られないですが恍惚の表情で快感に酔いしれているのでしょう。

しばらくそうした後、今度は口をすぼめてクリ周辺をキューッと吸い上げながら
口の中で舌先でクリをコリコリと四方八方に弾きました。

「ああああああっすごーい!」

彼女は脳天を突き上げる激しい快感から逃れるように、頭を左右に振り乱して悶えます。

次にクリを中心に舌全体を押し当てて、頭を押し付けるように力を入れてゴリゴリと舐めしだきます。

大きな声をあげながら、身体を振り乱しながら喘いでいます。

どんどん声が大きくなっていき
「あっあっあっあっ、ああっーーー!!」と絶叫すると、
ビクンビクンと痙攣しながら絶頂に達してしまいました。

しばらく息が弾み汗ばんでいる彼女の身体を指先で優しく撫でていました。

クリを優しく舐めると声が出はじめたので2回目へ。

気がつくと外は薄暗くなっていました。

夕食を食べて部屋に戻り、電気をつけずにカーテンを開くと、
窓一面に美しい夜景が広がっています。
美しい夜景を見ながらしばらくまったりとしていました。

指先で彼女の脚を軽く撫でると、スッと股を開いたので、
股の間へ顔をうずめて再び行為へ。

さまざまなテクニックを駆使しながら延々と愛撫を続けました。

昼間もしたし明日彼女は用事があるので一晩中とはいきませんでしたが、
何度もイッて満足した様子でした。

そのままベッドで寝て翌朝駅で別れました。

いっぱい気持ちよくなってくれたみたいで、思い出の一日となりました。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:クンニ・舐め犬 - ジャンル:アダルト

今回の彼女とはエッチなSNSで知り合ったのですが、
住んでいるところが3県ほど離れていたのでなかなか会えずじまいでした。

彼女は定期的に性欲が異常に強くなる時期があり、
イッてもイッてもすぐにムラムラしてしまい、
我慢できず一日中でもしていたくてたまらなくなるんだそうです。

彼氏もいないし、自分でしても満たされないし、仕事が忙しくて満たす暇もないしで
欲求不満状態になっているとのことでした。

満足するまで舐めてあげたい。彼女の欲求を満たしてあげたい。

そういう話を聞くと、舐め犬としての使命感を感じてしまいます。

そこでこちらから会いに行く旨を告げて、彼女の仕事の休みにスケジュールを合わせて、当日の朝に新幹線に乗って彼女の住む街へと向かいました。

出張舐め犬です。

電車を乗り付いて最寄の駅に着くと、駅まで車で迎えに来てくれてました。

そしてそのまま彼女のマンションへ。

彼女は我慢の限界が来ていたようです。部屋に入るなり行為を求められました。

僕がOKすると、彼女はその場でパンツとショーツを脱ぎ捨て、ベッドに上がりました。

前戯やじらしなど無しに、顔をうずめました。
刺激を与えてほしくて待ちわびていたその部分を舌でゴシゴシと刺激しました。

「ああっ、すごい!それ!!ああ!」

我慢して我慢してようやく得られた快楽に、彼女は歓喜の声をあげました。

いろいろなテクニックを試しながら、一番反応のいいやり方で攻め続けていると、

「あああああーー!!」と声をあげてイッしまいました。

しばらくぐったりして放心状態だった彼女が起き上がって「Kさんのも愛させて」と言って、ズボンのチャックを開けて僕のモノを取り出し、フェラしてきました。

そして「出しちゃダメ、出そうになったら言って」と言われました。

「どうして?」と聞くと、
「男の人は出すと覚めちゃうでしょ。ずっとむさぼるようにしてほしいから」と彼女。

「僕は大丈夫だよ」と言うと、「ダメ」と言われました。

舐め犬行為中には、相手が挿入を望んできたり、
フェラされたりして女性より先にイッてしまうこともあります。

それでもクンニへの熱や欲求が下がることはありません。

射精前は性的興奮からのクンニが、射精後は愛情表現としてのクンニへと変化するような感覚です。

射精後は、相手を気持ちよくさせてあげたい、
自分の愛撫で気持ちよくなってくれているのが嬉しいという感覚が強くなります。

僕はどちらのクンニも大好きです。

彼女のフェラは続き、出そうだということを告げると、
「またイカせてくれたらシテあげる」と言ってフェラをやめ、再度クンニを求めてきました。

そして彼女が1~2回イク度にご褒美としてねっとりとフェラをしてもらうという状況が続き、いつしか ご褒美がほしいために一生懸命クンニをしてしまう、そんな状態になっていました。

彼女は5~6回イッて満足したのか、射精することが許され、
彼女の口の中で果てました。

朝の11時くらいからしていたので、3時間くらい経っていました。

外で昼食を済ませ、再び彼女のマンションへ戻ると、
部屋に入るなり「また・・・お願い」と言われて2ラウンドへ。

しようとすると彼女の既にアソコは濡れていました。
昼食中から我慢していたようです。

そんな彼女が愛しく感じて、一生懸命舐めてあげました。

数時間続けて、その間に6~7回はイッたでしょうか。彼女は疲れ果てて寝てしまいました。

僕もそれまでの行為を思い出し心地よい余韻に浸りながら隣で眠りにつきました。

起きてから夜にも行為をして、そのまま彼女の部屋に泊まりました。

お昼頃帰る予定だったのですが、午前中にも「最後にお願い」とおねだりされて
行為をした後帰路につきました。

帰りの電車の中でメールが来て「とにかく最高の時間だった」と、とても喜んでくれたようでした。

日常に戻って仕事などがんばる活力になってくれたらこんなに嬉しいことはありません。

テーマ:クンニ・舐め犬 - ジャンル:アダルト

彼女は僕の出会い系の書き込みを見てメールをくれました。

これまでに一度のエッチで1回しかイッたことがないそうで、
何回もイッてみたい、壊れるくらいに感じまくってみたいということでした。

都内の駅前で待ち合わせをして、そのままホテルへと向かいました。

彼女はシャワーを浴びてベッドに横たわると、
「まずは乳首をじっくり舐めてほしい」と言ってきました。

希望通り乳首を舌で軽く愛撫すると、

「ああっ、気持ちいい・・・」
彼女の吐息が漏れます。

舌先でチロチロと舐めたり、上下の唇で挟んでしごいたり、
スッスッと下から上に舐め上げたり、
舌を強めに押し当ててゴシゴシしたり、変化をつけて乳首を愛撫します。

舌で舐めながら、片方の手で舐めて無いほうの乳首を優しく愛撫します。

とても感じているらしく、気持ち良さそうな声を上げています。

延々と乳首を愛撫していると、下の方もされたくてたまらなくなったらしく、
「もうお願い・・・」と求めてきました。

クリトリスを舌でレロレロとはじくように刺激すると
「ああん、あっ、あっ、あっ」と身体をのけぞらせています。

クリトリスを舌の腹で舐め上げるようにゴシゴシと刺激を続けていると
「ああ、ああ、あっ、あっ、あっ、あっ、あひーーーーーーーーーーーー!!!!」
と、かん高い声を上げて果ててしまいました。

連続でイッて見たいということだったので、少し間をおいてから
軽くクリトリスを舐めていると、身体を捩じらせて「ダメッ」と言いました。

イッた直後は触れられるとくすぐったくてダメなんだそうです。

いつもそのまま終わってしまい、1回イッて終わりなんだそうです。

今回は初めての連続イキにチャレンジです。

イッてから2分くらいたった後、舌て軽くクリトリスを舐めてみました。

「あっ、気持ちいい・・・」と回復した様子。

そのまま攻めると「あん、あん、ああっ」と感じているようなので刺激を続けます。
すると5分ほどで「あっ、あっ、あっ、あっ、あひーーーーーーーーーーーー!!」
と二度目の昇天をしました。

人生で初めて1度の行為で2回イッてくれました。

また1~2分くらい経ってから、くすぐったくなく感じるかどうかを確かめ
声から感じているのが分かると本格的に攻めました。

また5分くらいで「あひーーーーーーーーーーーー!!」とかん高い声を上げて果てました。

少し間を空けては舐めるといったことを繰り返して計6回イッてくれました。

「イクたびにどんどん気持ちよさが増してくる」
「いつもと違う気持ちよさだった」
「気持ちよすぎて分けがわからない」

と感想を言っていました。

6回イッて心身ともにとても満足な様子でした。

その後彼女は用事があるようで、この日はホテルを出てそのまま駅で別れました。
出会い系サイトの僕の舐め犬パートナー募集の投稿ににメールをくれたのがきっかけです。

いっぱい舐められて日々のストレスを全部発散したいとのことでした。

来週に東京に行くのでその時にぜひお願いしたいというので、
僕がOKの返事をすると「また前日にメールしますね」という返事。

前日なると「明日はよろしくお願いします」というメールが来ました。

当日は都内の駅前で待ち合わせ、軽く挨拶をしてとりあえず近くの喫茶店へ。

お互いのことなど会話をしていると、「私でもいいですか?」と言うので
「いやぁ、全然かまわないですよ。それどころかぜひお願いしたいですよ」と言うと、

彼女は急に立ちあがって「行きましょう」と言って席を立とうとしています。

まだお茶もほとんど飲んでないのに、と思いましたが、
早くされたくてされたくて仕方がないんだろうな、とちょっとかわいく思いました。

そして、近くのホテルへ。

部屋に入ると、彼女はすぐに「シャワーを浴びてくるね」と言ってシャワー室へ。

彼女のあとに僕もシャワーを浴びて部屋へ戻ると、
彼女はバスローブ姿でベッドに横たわっていました。

僕が寄り添うと、ちょっと恥ずかしいので電気を薄暗くしてというので、
証明を少し暗くして、バスローブからはだけている脚へと指を這わせました。

ふとももに両手の指でスーッとなぞりながら、ふくらはぎやすねを舌で舐め上げます。

「はぁ・・・んっ・・」彼女は感じ始めてきているようです。

指を這わせながら、舌は太ももやわき腹へ、

「あっ、はぁはぁ・・・んっ、あっ」
彼女はどんどん高ぶってきています。

そして舌は乳房へ。乳首を舌で舐め上げたり、吸ったりしながら丹念に愛撫します。

手は首筋や耳、もう片方の乳首をさすって愛撫します。

「はぁはぁ・・んん・・あぁ・・」どんどん息遣いが荒くなってきます。

ここまで愛撫を始めてから20分ほど、アソコには一切触れていません。

彼女は目がトロンとしてかなり興奮している様子です。

両手でやさしく脚を開いて大事な部分に目をやると、
全体が濡れ光っていてトロトロで、充血してヒクヒクしています。
欲しくて欲しくてもう我慢の限界という感じです。

満を持して舌先でクリトリスに触れると、
「ああっ!・・」と声をあげてビクッっとしました。

舌先でチロチロと舐めると「あっ!ああっ!!はぁん」と身体をのけぞらせました。

開いた口をクリトリスを囲むように押し当て、クリトリスに舌先を当てて舌を回し、
尖ったクリトリスをクルクルと回すように刺激します。

「ああっ・・あっ、あっ、あっ、ああぁ・・ああっ、いい・・」
彼女が身体をのけぞらせます。

次に、舌をランダムに動かして、クリトリスをいろんな角度からいたぶるように揺さぶりました。
堅く尖ったクリトリスがグルングルンと前後左右に揺さぶられている感触が舌に伝わってきます。

「あぅん!!あっ、あっ、あっ、あっ」

彼女は身体をのけぞらせて頭を左右に振り、脳天を突き上げる快感に耐えているようです。

次は、舌の腹でクリトリスを押しつぶすように舐めしだきます。

「ああーーー!!ああっ!あっ!あっ!すごい!ああっ!ああっ!ああっ!!」

彼女は声を上げながら、快感から逃れようと腰を引いて逃げるように後ずさりしようとしています。

すかさず逃げられないように両手で太ももをロックして激しくクリトリスを攻め続けます。

「ああー!ああーー!あああーー!!」
逃げ場を失って延々と快感を与えられ、頭を左右に揺さぶりながら快感に耐えているようです。

舌の腹でクリトリスを押しつぶすようにゴリゴリと激しく舐めしだいていると

「ああああああああっーーー!!!」

とうめき声を上げ、全身が硬直しブルブルっと震えたと思ったら、
力が抜けてグッタリとしてしまいました。

それでも舐め続けていると、イッた後で敏感になっていてくすぐったかったのでしょう。
「あっ、もう終わり」と言って止めさせようとしました。

「イッちゃったの?」と聞くと「ナイショ」というので

「イッちゃったんだー」と言うと、照れながらもう一度「・・・ナイショ」と言いました。

しばらくの間、恍惚の表情でベッドに横たわり
余韻に浸っている彼女に寄り添って頭をなでたりしていました。

お互いシャワーを浴びてホテルを後にしました。

帰りの電車の中でお礼のメールを出すと、彼女からもお礼のメールがきました。

メールには「また機会があったらお願いします」と書いてありました。

テーマ:クンニ・舐め犬 - ジャンル:アダルト

舐め犬の実践の中で開発した?クンニテクニックです。

相手の希望や反応を見ながらできるだけ喜んでもらえるように
テクニックを駆使しておこないます。

いろんな技をやってみて、反応が良い技を中心に使います。


■バキュームクンニ
唇をすぼめてクリトリスを周辺の肉ごとキューッと吸い上げたまま
まま舌先を左右にレロレロと動かしてクリを攻めたり、
前後左右に動かして四方八方からクリをいたぶります。

気持ちよすぎておかしくなりそう
クリがとろけるほど気持ちいい
初めて味わう快感で最高に気持ちよかった

などの感想を頂いたことがあります。

難点は吸い上げながら舌を動かすので長時間できないこと。


■強烈クリ攻め
この技は強く激しくされるのが好きという方に好評です。

舌の腹全体をクリを中心に強く押し付けて、舌ではなく頭を押し付けるように前後に動かします。

強く舌が押し付けられたまま頭を動かすのでゴリゴリとクリが激しくいたぶられます。

激しい攻めに多くの女性が絶頂に達してしまうようです。

この技のメリットは、舌ではなく頭を動かすので全く疲れずいつまででもできることです。

何度もイケる方や激しい刺激を長時間味わいたいという方に好評です。

もっと強い刺激をあたえる場合は、両手で女性の腰を掴んで固定し、
クリ中心に舌の腹全体をギュッと押しあてたまま、体重をかけて身体全体で前後に動くようにします。

クリが強く圧迫されたままゴリゴリと強く擦られて強烈な快感をあたえます。


■クリ露出強烈攻め
両手でクリ周辺を押し広げるようにしてクリの皮をむいて限界まで露出させ、
舌の腹全体をクリにギュッと強く押しあて、頭全体を押し付けるように動かします。

舌の弾力とザラザラした感触がクリにダイレクトに伝わり、激しい快感が脳天を貫きます。


■全体舐め
クリだけでなくアソコ全体を下から上までベロンベロンと舐めあげます。

メインではなく要所要所で使います。


■クリ転がし
両手でクリを露出させ、唇をすぼめてクリにかぶせます。
唇に挟まれているクリに舌先を左右中心に動かして、四方八方からいたぶります。

悶え方や喘ぎ声が激しくなったりするので相当気持ちがいいようです。

これも舌が疲れるため連続で長時間はできないので、要所要所で使います。


■クリピストン
上のクリ転がしと同様に唇をすぼめて露出させたクリにかぶせます。

女性が男性のをフェラするような感じに顔を上下に動かしてピストンさせます。

他のことではなかなか味わえない刺激と快感が好評です。

この技はクリが小さい方にはうまくできない場合があります。


■外中同時攻め
クンニをしながら中に指をいれて外と中を同時に愛撫します。

中を攻められるのも好きという方に好評です。


■クリ先根攻め
中指を膣に入れてクリの裏側(Pスポット?)
押したり軽く刺激しながら通常のクンニをします。

開発されている人や、体調などが良かったりすると、
イキっぱなしになったり、激しい快感とオーガズムを得ることができることもあります。


■ソフト攻め
唾液をたっぷりつけた舌の腹や舌先でクリを中心に優しく舐めます。

強弱をつけたり舌をいろんな方向へ動かしたりしてクリを愛撫します。

優しくゆったりとした愛撫されるのが好きな人に好評です。


■三点攻め
クンニをしながら両手で胸を愛撫します。

舌を動かしながら両手を動かすので結構大変ですが、
胸とアソコを同時に愛撫してほしいという方に好評です。

通常の愛撫ではアソコと片方の胸しか同時に愛撫できませんが、
このやり方はクリを愛撫しながら両方の胸を同時に愛撫できるのがメリットです。

テーマ:クンニ・舐め犬 - ジャンル:アダルト

// ホーム // 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。